孤独死は特別な死に方ではない!

お久しぶりです!

前回のブログ更新から、だいぶ時がたっておりますが、、、(汗)

2018年の宅地建物取引士のお勉強もいよいよ

残すところあと3ヶ月です。

今年こそは絶対合格!を合言葉に

日々黙々と勉強をしていたら、うっかりすっかり

ブログ更新をせずに、今に至ります、、、(汗)

今日は夏になったので、孤独死に関するお話を

少しさせていただきますね。

孤独死は特別なもの。

そう思っている方も意外と多くいらっしゃいます。

でも考えてみてください。

人間死ぬときは1人ですから。

周りに人がいるかいないか?の違いです。

配偶者やお子様がいても、ある日突然、自宅に

一人でいる時に、天に召される方もいます。

その一方で、お子様や配偶者がいなくても

倒れた場所にたまたま人がたくさんいて

そのまま天に召される方もいます。

私たちは、明日は確実に生きているという保証はないし

必ず明日死ぬ!と言う約束もされていないのです。

だからこそ、孤独死は特別な死に方ではないのです。

一番の問題は

死んだあと、誰が何をするか?

なのです。

今日は、孤独死が発見されるまでのお話をします。

孤独死が分かるパターンは2つあります。

1つ目は、身近な人が見に行って発覚したパターン。

故人が会社に出勤してこなかったり、

「2~3日姿をみない・連絡がない」と言うことで

身近な方が見に行ったところ、天に召されていた場合です。

2つ目は、近所の方からの通報で死が発覚したパターン。

臭いで通報されたけど、亡くなってから日数が経っており

腐敗していて、死が発覚した場合ですね。

私は今所属しているところは、1500戸ほど管理をしている会社で

約1年弱、活動をさせていただいているのですが

「孤独死してた」

と言う話を聞いているのは、今現在4件くらいですかねぇ?

そのうち、2件ほどは身内の方からのご連絡により

お亡くなりになられていたことが分かりました。

残る2件は「臭いがひどい!今すぐこい!」と言う苦情から

孤独死が発覚しました。

私は現場に行ったことはないのですが、警察が白い服を着て

中に入ったら、既にドロドロに溶けていて

「もっと早く通報してくれればもう少し状態は良かったのに」

と言われたこともあったそうです。。。

そのお部屋は事故物件として、貸し出すのか?

と言うのが気になるところですよね。

貸し出す場合もあれば、貸し出さないで

清掃後そのままにしておく場合もあります。

部屋の原状回復にお金がかかりすぎる場合は

貸し出さずにとりあえずは清掃して、そのままに。

地方などでは、孤独死したお部屋は、清掃後

倉庫として、同じアパートの住人が

使用している場合もあります。

発見が早く、腐敗などしていない場合は、

室内クリーニングをして、そのまま何事もなかったかのように

貸し出す時もあります。。。

オーナー(物件所有者)の意向にもよりますが。

孤独死した方のお家は築年数がちょっと古くて、賃料が

安かったり、1Kなどの間取りが多いように思います。

新築や築浅で孤独死していた!

って言うのは、私はまだ経験していませんが

これからの時代、そういうことも増えていくかもしれません。

孤独死は特別な死に方ではない!

と個人的には思います。

亡くなられた後の処理で、今後の方針が

変わってくるように思います。

もちろん、築年数が古くなり、あまり入居者が

入らなくなった物権は、生活保護受給者に貸し出す

オーナーさんもいると思います。

ここから先は余談ですが・・・。

高齢の方で生活保護受給者で孤独死する方は、

実は少ないのです。意外でしょう?

なぜならば、生活保護受給者にはケースワーカーと呼ばれる

社会福祉事務所の職員が、色々とお世話をしてくれるので、

生存確認が頻繁にできるからです。

家賃も生活保護受給者は滞納する方が少ないんですよ!

行政が代理で支払ってくれるので、滞納も少ないため

生活保護受給者を積極的に受け入れるオーナーさんもいます。

意外でしょう?でも、これ本当の話です。

もちろん、代理で支払ってくれない行政もありますが。

孤独死と聞くと

独りぼっちの人が、独りで死ぬ寂しい死に方

と言うイメージがありますが、人間死ぬときは一人です。

自分の代わりに死んでくれる人はいませんので、

特別な死に方ではありません。

問題は死んだ後の処理を誰がするか?

なのです。

私もはるか昔、古いアパートを借りたとき

前住人が孤独死した部屋に知らずに

住んでいたことがあります。

発見は早かったので事故物件として扱わず、何も知らされず

そのアパートに住んでいました。

地元の不動産屋が管理していたアパートだったのですが

そこはちょっと色々と不思議な現象が多くて

何とも言えない経験をいたしました。。。(笑)

子供が走る音が聴こえたり、電気が突然ついたり

消えたり、2階に誰も住んでいないのに夜中、

「ドーン!!!」って高いところから人が?

飛び降りる音?聞こえたり、まぁまぁ刺激的な

経験をさせていただきました。

そこは孤独死というよりかは、家相や風水が

ひどくて、「うーん。。。」と思ったけど、当時

大型犬を飼っており、不動産屋に相談したら

「この部屋なら大型犬を飼ってもいいよ」

と言われて借りた部屋でした。

事故物件よりも家相や風水、土地のエネルギーが

悪い所の方がよっぽど最悪です(笑)

皆さんも、家選びの時は周りの環境をよくチェックして

幸せに過ごせるお家に住んでくださいね!

ということで、また更新しますね~!

#家相風水 #引っ越し

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • s-facebook
  • Twitter Metallic

copyright (c) 2011-2016 fuusui-fudousan All rights reserved