難しい理論はプロが知ってればいい

巷にあふれる風水本。

皆さん、あの本を読んで理解できますか?

「うちは○宅だから、こうすれば開運ね!」

本当にそう思って、家具の配置を変えますか?

おそらく、大半の方は「へぇ~」と思い、家具の配置を

変えないで、そのままになっているのではないでしょうか。

北向きに○○を持ってきたら××になる

南向きに△△を置くと、開運になる

こういう考えに私は違和感があります。

家に流れているエネルギーは

環境によって変わって行くのです。

自分が引っ越してきたときは、目の前は駐車場で

太陽の光が燦々としていたが今は、マンションが出来て

光が入らなくなった。

そういう環境の変化は、必ずあります。

また、そのような環境の変化をの影響を

受けている方も少ない無いと思うのです。

環境が変われば、エネルギーの流れだって変ってきます。

にも拘わらず

「△宅だから○○に××を」

と言う考えを押し通す巷の風水本には、

疑問を抱かざるを得ません。

「理論はそうでも実際は違う」

のです。

平面的な事しか考えていないから

そのような「机上の空論」がまかり通るのです。

出版社も「売れる家相風水本」を出したがる気持ちは

とても良くわかります。

私もかつて「照崎流家相風水」の本を出そうと

出版社と組んだことがあります。

しかし「エネルギー」の流れを詳しく書いた

本は出版関係者に受け入れられず

「アヤシイ。理解できない。気持ち悪い」

的な事を言われて、あえなく断念しました。

しかし、本当に皆さんが望んでいる事は

理論ではない4D思考の家相風水

なのではないでしょうか。

平面でもなく、立体でもなく、環境によって

流れるであろう、時間を含めたエネルギー思考です。

いくら、家具の配置を変えても、心地よい空間と

時間が手に入らなければ、家相風水の意味が無いのです。

落ち着かない位置に、机を移動させて勉強をしても

成績が上がる訳がありません。

エネルギーの流れを無視して、机の配置を

するほど、雑な考えはないと照崎は考えます。

エネルギー(気)の流れを第一に考えるから、

心地いい空間を創りだせるのです。

照崎流家相風水術は、エネルギーの流れを創りだすから

本当の開運に繋がるのです。

理論は理論好きな、プロに任せておけばいいのです。

理論を追っている限りは、相談者を振り回すだけです。

大切なのは、その空間に流れている

見えないエネルギーなのです。

#家相風水

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • s-facebook
  • Twitter Metallic

copyright (c) 2011-2016 fuusui-fudousan All rights reserved